TOPページ史跡散歩>史跡説明
浅草橋周辺の26史跡説明
この史跡説明は台東区設置の現地説明板や同区発行の諸本、民間発行の史跡関係諸本、又、江戸地誌研究家の話を参考にしてまとめたものである。
(5)篠塚稲荷
柳橋から浅草橋駅へ戻る途中、柳橋2丁目5にある。江戸切絵図と同じ場所である。
新田の家臣、篠塚伊賀守がこの社を信仰し、晩年入道して社の側に庵室を造って住んだと江戸名所図絵にある。