TOPページ史跡散歩>史跡説明
浅草橋周辺の26史跡説明
この史跡説明は台東区設置の現地説明板や同区発行の諸本、民間発行の史跡関係諸本、又、江戸地誌研究家の話を参考にしてまとめたものである。
(8)閻魔堂跡
江戸期この辺りは閻魔堂を中心に牛頭天王社や十王堂があった。閻魔王は運慶の作で5m弱あった。1月と7月の縁日は参詣人が群集した。明治大正期も境内から鳥越橋(天王橋ともいった。今の須賀橋交番前)辺まで露天商が並び大いに賑わった。関東大震災でお堂も焼失した。