TOPページ史跡散歩>史跡説明
浅草橋周辺の26史跡説明
この史跡説明は台東区設置の現地説明板や同区発行の諸本、民間発行の史跡関係諸本、又、江戸地誌研究家の話を参考にしてまとめたものである。
(15)新堀川跡
現在の新堀通りには江戸期新堀川が流れていて、今の蔵前橋通りを横切り、鳥越川に合流していた。切絵図を見るとその流れは現在の道路と合致していて興味深い。(碑や説明板は特に無い)