TOPページ史跡散歩>史跡説明
浅草橋周辺の26史跡説明
この史跡説明は台東区設置の現地説明板や同区発行の諸本、民間発行の史跡関係諸本、又、江戸地誌研究家の話を参考にしてまとめたものである。
(21)蓬莱園跡
忍岡高校や柳北公園一帯は肥前平戸藩松浦壱岐守の上屋敷で、その中に蓬莱園という回遊式庭園の名園があった。庭園だけで2400坪あったという。寛永9年(1632)藩主松浦隆信がつくり、造園設計は小堀遠州といわれた。広い池には屋敷脇を流れる鳥越川から水を引いていた。大正12年の大震災でその殆どは壊れ埋め立てられた。
ちなみに9代藩主松浦静山(1760〜1841)は「甲子夜話」という膨大な随筆を著わし、又、剣の達人で剣についての書も多い。