歩いてみてね  街角 江戸通り 史跡 文学
タウンガイド   お店屋さん 遊び学ぶ 味わい 工房 アド街
情報        トピックス 雑学クラブ 投稿 駐車場 リンク
TOPページ>歩いてみてね〜史跡散歩〜
史跡散歩
浅草橋周辺の史跡26ヶ所を歩いてみよう!
江戸切絵図【東都浅草絵図】と【日本橋内神田両国浜町明細絵図】を持って歩こう。
※地図上↑の数字と、本文↓の史跡(1〜26)をクリックすると、各所の説明ページが表示されます。
JR浅草橋東口前の江戸通りは江戸時代の五街道の一つ、(広義の意味での)奥州街道(1)である。

JR浅草橋東口をおりて江戸通りを右へ、神田川に架かる浅草橋を出発点にしよう。そこには浅草見附跡の石碑と浅草御門の説明板(2)がある。

次は神田川を約200m下った隅田川との合流点直前に柳橋(3)がある。柳橋の欄干にとりつけてある簪に注目!花街の面影を懐く人もいるだろう。又、橋のたもとにはその名残の料亭「亀清楼」がある。創業安政元年(1854)。

柳橋を渡って中央区側に足をのばしてみよう。そこには両国広小路跡(4)の石碑がある。但し、江戸期の両国橋は今より90m下流に架かっていたから、両国広小路の中心はもう少し南だった。

柳橋に戻って篠塚稲荷(5)へ。ここは10坪ほどの小さな稲荷だが非常に古い社だ。
《ちなみに切絵図では隣に第六天があるが、ここは現在後述の榊神社内に合祀されている》

JR浅草橋を越して通り一本入った所に銀杏岡八幡神社(6)がある。ここも中世からある古い社。切絵図では銀杏八幡とある。

江戸通りに戻り蔵前の方に向かうと須賀神社(7) (須賀神社の紹介ページ)がある。切絵図には天王社とある。

その裏手、玩具会館の所に閻魔堂跡(8)の小さな石碑がある。この石碑、玩具会館の生け垣に隠れていて見逃しやすいから注意。切絵図の華徳院がこれである。

もう一度江戸通りに戻ると須賀橋交番がある。交番前の江戸通りにはかつて鳥越川が横切っていてそこに鳥越橋(天王橋ともいった)(9)が架かっていた。

この交差点を隅田川の方へ100m入った所に現在は榊神社があるが、江戸期にはなかった。。ここには浅草文庫跡(10)蔵前工業学園跡(11)の二つの大きな石碑がある。共に明治になってからの史跡である。浅草文庫が実際にあったのはここではなく、もう少し柳橋寄りである。

榊神社の横道を蔵前橋通りまで行って右折し、蔵前橋に出ると橋際に首尾の松(12)の石碑がある。但し、江戸期首尾の松があったのはもう少し下流。

通りの反対側には浅草御蔵跡の石碑(13)がある。約4万坪あったという浅草御蔵の大きさを実感するために蔵前橋の中程まで行き蔵前方向を眺める。左側は久月の看板の少し右辺りから右側は厩橋近くまでが幕府の浅草御蔵のあった場所である。

江戸通りへ戻り、蔵前1丁目交差点浅草橋寄りの角に浅草天文台跡(14)の説明板がある。

蔵前橋通りを少し行ったT字路は現在かっぱ橋道具街方面へ向かう新堀通りの基点であるが、江戸期ここは浅草方面から新堀川(15)が流れていて鳥越川と合流していた。

江戸通りを浅草橋方面へ150m程行き、先ほどの須賀橋交差点を右に入った道はかつて鳥越川であった。この川は三味線堀と隅田川間を流れていた。途中稲荷橋(16)や甚内橋が架かっていた。甚内橋跡には小さな石碑(17)がある。その近くには甚内神社(18)がある。

蔵前橋通りへ出て向かい側にとんど焼きで有名な鳥越神社(19)がある。

蔵前橋通りを150mくらい行った鳥越一丁目の交差点を左へ又約150m行ったところに蓬莱園の大銀杏の木(20)がある。この辺は平戸藩主松浦家の上屋敷でそこに蓬莱園という名園があったのである。蓬莱園の石碑(21)がその銀杏の反対側、旧柳北小学校の横にある。そこまでは約200m以上歩くからそれだけ大きな庭だったことがわかる。

旧柳北小学校の道を清洲橋通りの方へ行ったところに医学館跡(22)の説明板がある。

清洲橋通りを左へ曲がり、JR高架線の方へ歩く。JR高架線ガードのところに昔の町名、飼鳥町(23)の文字を見つける事が出来る。餌鳥屋敷(えとりやしき)があった名残である。
《切絵図の飼鳥屋敷は間違いで餌鳥屋敷が正しい。切絵図にはこうした間違いが案外多い》

その先の橋が美倉橋(24)。切絵図の新シ橋である。

美倉橋を渡って千代田区と中央区側へ。神田川に沿ったこの通りが柳原通り(25)である。江戸期はここに土手が築かれ、柳が植えられていたので、柳原土手とか、柳原堤とも言われていた。

神田川に沿って400mくらい左へ歩くと浅草橋へ。そこに郡代屋敷(26)の説明板がある。浅草橋を渡ると出発点へ戻る。約4Kmの道のり。

ご苦労さまでした!
このページのTOPへ↑